「Core i7搭載MacBook Pro」、ベンチマーク集計ページに登場

Haruka Ueda
Haruka Ueda
2010年02月8日, 午後 10:56 in apple
0シェア
FacebookTwitter

ほぼ半年に一度更新という従来のペースを考えると、そろそろ新しいMacBook Proが発表されてもいい頃合いになってきました。新モデルで予想されるのは、他社の春モデル同様にインテル Core iシリーズを搭載すること。問題はどれを搭載してくるか。そんなところへなぜか、ベンチマークソフトGeekBenchの結果まとめページにCore i7-620M搭載Macbook Proなるものの計測結果が登録されています。

事実から伝えると、Core i7-620Mは2コア・2.66GHz動作のCPU。そしてこのCPUを搭載した謎のMacBook ProはMacBookPro6,1という型番で、ベンチマークスコアは5260ということになっています。現行のMacBook Proは最速のCore 2 Duo 3.06GHzモデルで4000強というスコアなのでかなり高速。OSはMac OS X 10.6.2(Snow Leopard)のBuild 10C3067。本物でもおかしくないというスペックが並ぶ中、FSBが4.80GHzとなっているのが気になります。

MacBook Proの未発表モデルを手にした人がベンチマークソフトを利用したとして、その結果をネットに登録するだろうか? という疑問はもっともなところ。誰かの自作Macのベンチマーク結果、あるいはそれらしいデータを登録しただけという可能性は否定できません。ただ心構えと懐具合はいつ発表されてもいいようにしておきましょう。

[via MacRumors]
 
 
新型コロナウイルス 関連アップデート[TechCrunch]

 

関連キーワード: apple, core i7, CoreI7, GeekBench, intel, MacBook Pro, MacbookPro
0シェア
FacebookTwitter