ウィルコム、折り畳み型のHONEY BEE BOXを発表

Haruka Ueda
Haruka Ueda
2010年02月9日, 午後 04:00 in honey bee
0シェア
FacebookTwitter


ウィルコムのHONEY BEEシリーズに初の折り畳み型 HONEY BEE BOX が加わります。2.2型ディスプレイを搭載しており、解像度はQVGA(240 x 320)。背面にはカメラに加えて着信・メールランプを埋め込み、内側には開くたび光るキーイルミネーションを搭載。さらに自分撮り用の超広角インカメラも内蔵しています。カメラはどちらも約31万画素。

ソフトウェア面ではJavaに対応するほか、ウェブブラウザにOpera、漢字変換にiWnnを搭載。そのほかW-OAM & 赤外線通信対応、Flashプレーヤー非搭載など。ツインカメラを含め、ストレート端末だったHONEY BEE 3の仕様をおおむね踏襲しています。

カラーは5色。ピンク、ブルー、ホワイトは2月16日(火)発売、グリーン、ブラックは2月18日(木)発売です。お値段はW-VALUE SELECTで新規契約の場合、実質負担190円 x 24か月の4560円。機種変更だと290円 x 24か月、後述する「新ウィルコム定額プランS」への機種変更は990円 x 24か月です。同時に明日10日から3月いっぱい、HONEY BEE 3が新規契約で実質負担0円になることも発表されています。

そのほかウィルコムからは、これまで中高生向けに展開していた半額プラン「新ウィルコム定額プランS」の対象を満22歳以下または学生に拡大することが発表されています。プラン内容は変わらず月額1450円、他社への通話21円/30秒、パケット上限2800円。プランは1年契約の自動更新となっており、契約途中での解除手数料は初年度4200円、2年目以降は2100円。3年以内に解約または料金コースを変更した場合、さらに解除料5775円。申し込み受付は明日10日から5月いっぱいです。

Read - HONEY BEE BOX プレスリリース
Read - 製品情報
Read - 「新ウィルコム定額プランS」の拡大について プレスリリース
 
 

TechCrunch 注目記事新型コロナのソーシャルディスタンスを支援するビデオチャットアプリ8選

新型コロナウイルス 関連アップデート[TechCrunch]
関連キーワード: honey bee, honey bee box, HoneyBee, HoneyBeeBox, willcom
0シェア
FacebookTwitter