ソニーS-Frameに7型 6モデル、TruBlack液晶採用、スワロフスキー埋め込みなど

Haruka Ueda
Haruka Ueda
2010年02月9日, 午後 02:56 in digital photo frame
0シェア
FacebookTwitter


ソニーのデジタルフォトフレーム S-Frame に一挙6モデルが加わります。画面サイズはいずれも7型。メモリースティック、メモリースティックデュオ、SD / SDHCカード、マルチメディアカード、xD-ピクチャーカード対応のマルチカードスロットと内蔵メモリを備え、リモコンが付属します。ネットワーク接続は非対応。発売日は3月5日です。

最上位のX75は 10.2型のX1000・8型のX800と同じく深い黒を再現するTruBlackディスプレイを採用するほか、全方位視野角160度を実現しています。解像度はWVGA(800 x 480)、内蔵メモリは2GB、対応表示形式はJPEG / RAW。色はシルバーとブラック。市場推定価格は2万円前後です。

D75もWVGA解像度ですが、内蔵メモリは256MBとなり、ディスプレイはTruBlackではないクリアフォト液晶。一方でなぜかJPEG / BMP / TIFF / RAWと対応ファイル形式が増えるのが特徴です。色はブラックとホワイト。さらに、スワロフスキー社のクリスタライズをパネルに埋め込んだD75(WZ)およびD75(BQ)も別モデルとして販売されます。D75(WZ)のクリスタライズは、オーロラのように輝く特殊加工済。市場推定価格はクリスタライズ非搭載のD75が1万5000円、クリスタライズを搭載したブラックのD75(BQ)が1万8000円、オーロラのようなクリスタライズを搭載したホワイトのD75(WZ)が2万円です。ちなみに写真はD75(BQ)。

E73 / A73はWQVGA解像度(480 x 234)、内蔵メモリ128MBというエントリーモデル。対応ファイル形式はJPEG / BMP / TIFF / RAW。両モデルの違いとして、E73ではホワイト・パールピンク、ライムグリーンと3種のフレームを同梱しており、着せ替えが可能になっています。A73は着せ替え不可、ブラックのみ。市場推定価格はどちらも1万2000円です。
 
 

TechCrunch 注目記事新型コロナのソーシャルディスタンスを支援するビデオチャットアプリ8選

新型コロナウイルス 関連アップデート[TechCrunch]
関連キーワード: digital photo frame, DigitalPhotoFrame, s-frame, sony
0シェア
FacebookTwitter

Sponsored Contents