BlackBerryがなければ即死だった話 (オハイオ州)

Haruka Ueda
Haruka Ueda
2010年02月16日, 午後 01:42 in BlackBerry
0シェア
FacebookTwitter

Mobile World Congress開催中のバルセロナでは新しいスマートフォンが次々と発表されていますが、そのころ米国オハイオではBlackBerryが銃弾から女性を守っていました。果敢にも銀行強盗に立ち向かった女性が胸に銃弾を受けるもポケットに入れていたBlackBerryによって一命をとりとめた......という話であれば映画化決定なのですが、銃を撃ったのは女性のボーイフレンド。悲しい愛のもつれ......でもなく、ボーイフレンドが遊んでいた拳銃をコートに入れようとしたところで暴発、そばにいた女性の足に銃弾が飛ぶも、ジーンズのポケットに入れていたBlackBerryが食い止めたという話です。映画化は期待できそうにありません。また BlackBerryがなくても別に即死はせず怪我で済んでいたと思われます。

なお、暴発したのがレストランだったため、ボーイフレンドは酒を出す場所で銃を所持したという罪に問われています。ともあれ、持ってて良かったBlackBerry。

[Thanks, Tommy G.]
 
 

TechCrunch 注目記事新型コロナのソーシャルディスタンスを支援するビデオチャットアプリ8選

新型コロナウイルス 関連アップデート[TechCrunch]
関連キーワード: BlackBerry, gun
0シェア
FacebookTwitter

Sponsored Contents