ハードウェアアクセラレーションやモバイル対応が期待される Adobe Flash Player 10.1の最新版 beta 3 がリリースされました。リンク先のAdobe LabsからWindows / Mac / Linux PC向けインストーラをダウンロードできます。10.1 b3の更新点はIntel GMA 500 や Broadcom Crystal HD Enhanced Video Accelerator でのハードウェア H.264デコード対応 (の改善)、および多数のバグ修正。

beta 3で修正されたバグの一覧はリリースノートで参照できます (たとえば特定のブラウザやプラットフォームの組み合わせでYouTubeなどが落ちる問題の一部、字幕やコメントで発生するテキスト入力・表示関連、日本語エスケープの問題etc)。10.1の正式版は2010年の前半にはリリースされる予定です。


Flash Player 10.1 beta 3 (ダウンロードページ)
リリースノート (pdf )