写真はEngadget本家の公開収録番組 The Engadget Showにゲスト出演したマイクロソフトAaron Woodman氏がさりげなく取り出した未発表の Windows Phone 7 端末。Windows Phone 7 シリーズは今年のホリデーシーズンあるいは秋に登場に登場する予定ですが、マイクロソフトがMWCで披露したタッチスクリーンのみ実機( ギャラリー・動画) はあくまで開発用のプロトタイプであり、 実際の端末はパートナー企業から後日発表と説明されてきました。このLG端末はMWCでデモされた以外のWindows Phone 7 としては初公開となります。

文字どおりのチラ見せで詳しいことは教えてもらえなかったものの、ハードウェアとしては iPhone や Nexus Oneをやや厚くした程度の本体にスライド式QWERTYキーボードを備えた端末。キーボード以外のハードウェアボタンは、発表で触れられた必須キーである メニュー (Windows )・戻る・検索 (Bing)、および電源とボリュームに加えてカメラキーを載せています。背面のカメラはLEDフラッシュつき5メガピクセル。またZune HDでもあるWP7端末らしく、3.5mmの普通のヘッドホンジャックを備えています。詳しくは下のギャラリーを参照。ハードウェア・ソフトウェアともにあくまで開発中のプリプロダクションモデルであり、QWERTYキーボード部分も変更される可能性があります。続きの動画はWoodman氏と編集長 Joshの、「(大幅なUI 刷新の理由は) 携帯とPCは根本的に異なることを考えて......」「何年も手の中のPCだって言って売ってなかった?」というかけあい部分。



;