ワコムの液晶ペンタブレット Cintiq 21UX が型番はそのままにリニューアルされました。21.3型、1600x1200解像度といったディスプレイ仕様は変わらず。ペンタブレット機能が同社の Intuos4 相当にパワーアップしています。すなわち2048段階の筆圧レベル、最小ON荷重1gなど。また、ファンクションキー、トラックパッドなどのインタフェースまわりも変更になっています。

接続端子はDVI-I(ディスプレイ) + USB(タブレット)。ディスプレイについてはDVI-D、アナログRGB用の変換アダプタが付属します。対応OSはWindows XP SP3以降 / Vista / 7、Mac OS X 10.4以降。64bit版Windowsにも対応します。発売は3月26日。「高性能プロフェッショナルグラフィックス用」「プロフェッショナルユーザの要望も満たす液晶ペンタブレットのフラッグシップモデル」と繰り返すだけあって、同社オンライストアでは税込22万8000円というお値段です。