電子ブックに積極的な大手出版社 Penguin が、「 iPad フォーマット」書籍のデモ動画を公開しました。FT主催のDigital Media & Broadcasting Conference 2010 で披露されたのは、iPadを想定したインタラクティブ書籍のモックアップツアー。

児童向けの本でタッチ操作の「塗り絵」がついたり本体を揺すって画面が変化するといったあたりはまだ分かりやすく、都市ガイドや解剖学の本では滑らかに拡大縮小・回転するイラストや動画が、さらにVampire Academy なる「本」では動画に加えてオンラインコミュニティーとのリアルタイムチャットが含まれているなど、もはや紙本からイメージする「本」とはかけ離れたなにかになっています。いわゆる本とアプリの境界が分からなくなる動画は続きを、Penguinの電子本戦略についてはリンク先のpaidContent : UK 記事をどうぞ。