eneloop lite発表、電池容量を抑えて低価格化

Haruka Ueda
Haruka Ueda
2010年03月9日, 午前 06:00 in eneloop
0シェア
FacebookTwitter


一大カテゴリとなった三洋エネループにまた新製品が加わります。eneloop liteはリモコンや目覚まし時計など、消費電力が少ない機器向けの充電式電池。単3形で950mAh、単4形で550mAhと、従来のeneloopから電池容量を抑えたかわり、価格も2本セットで780円、640円と控え目になっています。ちなみに従来のeneloopは単3形1900mAh・2本で1155円、単4形750mAh・2本で945円。

買ってすぐ使える、充電しておけば3年後も使えるといった特徴はeneloopと同じ。くり返し使用回数は新生eneloopからさらに増えて約2000回となりました。そのほか従来eneloopと比べると充電時間が短い(当然)、軽いなど。発売はすこし先となる6月22日です。
 
 

TechCrunch 注目記事新型コロナのソーシャルディスタンスを支援するビデオチャットアプリ8選

新型コロナウイルス 関連アップデート[TechCrunch]
関連キーワード: eneloop, sanyo
0シェア
FacebookTwitter