LUMIX G2国内発表、可動式タッチパネル液晶搭載 & 世界最小・最軽量

Haruka Ueda
Haruka Ueda
2010年03月11日, 午後 06:30 in lumix
0シェア
FacebookTwitter


米国に続き、国内でもパナソニックLUMIX G2が正式発表されました。お馴染みマイクロフォーサーズ規格のムービー一眼最新モデルで、3型の可動式タッチパネル液晶を搭載するのが大きな特長です。タッチパネルの搭載はレンズ交換式デジカメとして世界初、また可動式液晶搭載レンズ交換式デジタルカメラのボディとして世界最小(124 x 83.6 x 74mm)・最軽量(371g)。

有効画素数は1210万、動画はAVCHD Liteまで......など詳細仕様は先日の発表記事を参照。ボディ単体のG2、35mm換算で28-84mm相当の標準ズームレンズ付きのG2K、さらに90-400mm相当の望遠ズームレンズも付属するG2Wの3セットで発売されます。カラーはブラック、レッド、ブルーの3種類。ただしボディ単体はブラックのみ。発売日は4月28日。実売価格はボディ単体が8万円、標準レンズキットが9万円、ダブルレンズキットが12万円くらい。米国で同時発表されたG10はとりあえずスルーのようです。
 
 

TechCrunch 注目記事新型コロナのソーシャルディスタンスを支援するビデオチャットアプリ8選

新型コロナウイルス 関連アップデート[TechCrunch]
関連キーワード: lumix, lumix g, lumix g2, LumixG, LumixG2, micro four thirds, MicroFourThirds, panasonic
0シェア
FacebookTwitter