HYBRID W-ZERO 3のPHSパケット料金が無料に、XGP事業はソフトバンクへ譲渡

Haruka Ueda
Haruka Ueda
2010年03月13日, 午前 12:00 in hybrid w-zero3
0シェア
FacebookTwitter

ウィルコムが3月15日より「新ウィルコム定額プランG」のPHSパケット料金を無料にすると発表しました。定額プランGは先日発売されたHYBRID W-ZERO 3専用料金プラン。月額1450円の基本料金は変わりませんので、1450円でウィルコム間話し放題・PHSパケット使い放題という、なかなかインパクトのある料金設定になります。3Gデータ通信料金は変わらず、0円スタートの上限5250円。

また同社からは会社更生手続開始決定、管財人の決定、企業再生支援機構・ソフトバンク・アドバンテッジパートナーズとの再生支援合意も立て続けに発表されています。こちらのハイライトは「APファンドとソフトバンク等は、新たに新会社を設立し、ウィルコムのXGP事業を譲り受け、次世代高速データ通信サービスの事業展開を図る」「新会社は、基地局ロケーションの大半をウィルコムから譲り受ける」あたり。PHS事業に専念するかたちとなったウィルコムの今後も気になりますが、XGPを手に入れたソフトバンクの策も気になります。

Read - 「新ウィルコム定額プランG」料金改訂について
Read - ウィルコムの再生支援に関する基本合意書の締結について

 

TechCrunch 注目記事新型コロナのソーシャルディスタンスを支援するビデオチャットアプリ8選

 

新型コロナウイルス 関連アップデート[TechCrunch]

 

関連キーワード: hybrid w-zero3, HybridW-zero3, w-zero3, willcom
0シェア
FacebookTwitter