Windows Phone 7シリーズ実機 3モデル比較

Ittousai
Ittousai , @Ittousai_ej
2010年03月16日, 午前 08:22 in microsoft
0シェア
FacebookTwitter


2月の初披露イベントではメーカーロゴなしのデモ機のみだったWindows Phone 7 シリーズも、MIX10 では3モデルのプロトタイプが揃いました。中央のグリーンは最初に公開された Asus製造のタッチスクリーンのみ端末、右側の赤タイルはEngadget Showで初公開されたLG製のスライドQWERTYキーボードモデル (背面カメラはLEDフラッシュとAFつき)。左側の黄色タイルは今回はじめて登場したサムスン製のプロトタイプ。正確な仕様は明かされていないものの、画面は有機EL (らしい)、背面のカメラレンズがなにやら巨大など、マイクロソフトから要求されるハードウェア要件を守りつつ差別化できる要素を押さえているとも解釈できます。それぞれの高解像度写真、並んだところは下のギャラリーへ。蛇足ながら、タイルの色 (アクセントカラー) はカスタマイズが可能。Zune HDのプレイリストタイルが変なピンク固定なのも早くなんとかしてください。

 
 

TechCrunch 注目記事新型コロナのソーシャルディスタンスを支援するビデオチャットアプリ8選

新型コロナウイルス 関連アップデート[TechCrunch]
関連キーワード: microsoft, mix, mix 10, Mix10, samsung, Windows Phone, windows phone 7 series, WindowsPhone, WindowsPhone7Series
0シェア
FacebookTwitter

Sponsored Contents