PVIがカラー電子ペーパーを展示、次期Kindleに採用?

Haruka Ueda
Haruka Ueda
2010年03月22日, 午後 12:30 in e-ink
0シェア
FacebookTwitter

電子ペーパー界の雄 Prime View International(PVI)が中国・深圳のトレードショーでカラー電子ペーパーを展示しています。サイズは6型と9.7型......どこかで馴染みのある2種類(Kindle / Kindle DX)です。ちなみにKindleに電子ペーパーを提供していたE-Ink社は、昨年PVIに買収されたところ。とはいえもちろん「次期Kindleに採用されるの?」というPCWorldの質問に対してはコメントしていません。

PVIによればカラー電子ペーパーはサンプル出荷を始めたところで、今年4Qには大量生産が可能になる見込み。従来の電子ペーパーにカラーレイヤーを加えるかたちで、白黒電子ペーパーより電力消費が大きくなるものの、その差は限定的なものに留まるとのこと。カラーアニメも表示できますが、30fpsには到達しないため一般的な動画再生にはまだ向いていません。

なお同社はほかにもキーボード部分に電子ペーパーを採用した携帯電話などを展示しています。こちらは携帯電話の開き方によってキーボードの表示が変わるというつくり。いわゆるWオープンスタイルでしょうか。携帯電話向けなどと言わず、安価なOptimus Maximusキーボードを欲しいものです。

E-Ink-Info
 
 

TechCrunch 注目記事新型コロナのソーシャルディスタンスを支援するビデオチャットアプリ8選

新型コロナウイルス 関連アップデート[TechCrunch]
関連キーワード: e-ink, kindle, pvi
0シェア
FacebookTwitter

Sponsored Contents