速報:新DSは「ニンテンドー3DS」(仮)、裸眼で3D映像に対応

Ittousai
Ittousai , @Ittousai_ej
2010年03月23日, 午後 04:35 in breaking news
0シェア
FacebookTwitter


任天堂が携帯ゲーム機の新型を発表しました。仮称は「ニンテンドー3DS (スリーディーエス)」。プレスリリースによれば3D立体視に対応しており、裸眼で3D映像が楽しめる製品。また「DS」の名が含まれているように、世界累計販売台数が1億2500万台に上る(任天堂) DSプラットフォームの後継機として、DSiを含む従来ソフトが動く上位互換性を備えるとされています。

発売は2011年3月期。リリースには正式名称はおろか画像も上記以外の仕様・価格の言及もなく、6月のE3での詳細発表を予告するに留まっています。なお、画像は3DS(仮)ではない任天堂のゲーム機。

続報:6月15日からのE3ではプレイアブル出展
 
 
新型コロナウイルス 関連アップデート[TechCrunch]

 

関連キーワード: breaking news, BreakingNews, ds, nintendo, nintendo 3ds, nintendo ds, Nintendo3ds, NintendoDs
0シェア
FacebookTwitter