KORGのシンプルアナログシンセ monotron、6300円

Haruka Ueda
Haruka Ueda
2010年03月24日, 午後 07:20 in korg
0シェア
FacebookTwitter


すっかり小型電子楽器メーカーとしての地位を確立したKORGが、ドイツで開催中のMusikmesse2010にあわせてまた割り切った楽器を発表してきました。オシレーター、フィルター、LFOをひとつづつだけ備えたシンプルにも程があるアナログシンセで、名前はmonotron。もしかすると見た瞬間に機能の全容を把握できたかもしれません。おまけにぺったんこの鍵盤はリボンコントローラという力の入れよう(抜けよう)。スピーカー内蔵、ヘッドホン出力搭載、単4電池2本で4時間駆動とポータブル仕様になっています。外部入力を備えているので、フィルタとして使えるのも面白い点。大きさは120 x 72 x 28mm・重さは95g。発売は4月下旬、お値段は6300円。リンク先の公式サイトにはデモソングもあります。

 

TechCrunch 注目記事新型コロナのソーシャルディスタンスを支援するビデオチャットアプリ8選

新型コロナウイルス 関連アップデート[TechCrunch]

 

関連キーワード: korg, monotron, synthesizer
0シェア
FacebookTwitter