iPad発表時、その名称が富士通によって商標登録されているという事実がちょっと話題になりました。ふつうの会社ならば他社の商標を製品名に使うのは避けるものですが、もちろんアップルはふつうの会社ではありません。あれから2か月。どのような魔法があったのか分かりませんが、気付けば2003年に富士通が登録していた商標が、3月17日付けでアップルのものへと変更されています。米国特許商標庁 no.76497338で確認可能。買収なのだとすれば、後学のためにもぜひ額を公開してほしいところです。

アップルと商標といえば、iPhoneのときは裁判沙汰にまでなりかけたものですが、今回は見たところ穏便に落ち着いたもよう。商標の譲渡は両社間でとっくに話がついていたけれど、製品名がバレないよう今まで隠していたという可能性もあります。商標が他社のものなら手に入れればいいじゃない、これぞThink Differentです。

Nick Denton