au IS02は東芝製Windows Mobile 6.5.3、K01国内版

Ittousai
Ittousai , @Ittousai_ej
2010年03月30日, 午前 11:42 in au
0シェア
FacebookTwitter

はてさて。auのスマートフォンとして Android スマートブック IS01とともに発表されたIS02は、東芝製のWindows phoneでした。海外ではすでにK01として発表されており、薄型大画面 Windows phone としてソフトバンク / ドコモから販売されているTG01 / X02T / T-1A にスライドQWERTYキーボードを搭載したようなモデルです。基本仕様は4.1インチ480 x 800 有機EL ディスプレイ、Snapdragonプロセッサ、802.11b/g WiFi 、Bluetooth 2.0+EDR、322万画素AFつきカメラ、microSDスロットなど。

画面は iPhone / iPod touchなどで初めてタッチ操作に親しんだユーザーから「これ壊れてるよ?」といわれがちだったTG01の抵抗膜式 (爪を立てたりスタイラスで使えるほう) から、撫でて反応する静電容量式へ変更されています。ブランドとしてはWindows phone ですが、OSは先日発表された新生プラットフォームWindows Phone 7 Seriesではなく、現行 Windows Mobile の最新バージョン 6.5.3。ActiveSync や クラウド同期のMy Phone といったWindows Mobile 標準サービスに対応するほか、au 携帯としてのサービスは Cメール対応が(検討中)。発売は6月上旬以降。下のギャラリーはK01のもの。

 
新型コロナウイルス 関連アップデート[TechCrunch]

 

関連キーワード: au, kddi, microsoft, toshiba, windows mobile, windows mobile 6.5, windows phone, WindowsMobile, WindowsMobile6.5, WindowsPhone
0シェア
FacebookTwitter