日産が同社初となる電気自動車「リーフ」の予約受付を4月1日から開始すると発表しました。価格は376万円から。政府のEV(電気自動車)補助金制度が継続された場合、実質299万円の負担となります。法人向けに販売が始まっている三菱のi-MiEVより大型でありながら、お値段は控え目。発売は12月の予定です。

EVであるからには充電環境が必要ですが、日産は全国の日産ディーラーが住宅への設備工事取り次ぎを行うこと、発売までに日産ディーラー全店舗で充電環境を整備することも併わせて発表しています。車としては5人乗りで、最高速度140km/h以上、航続距離は160km以上。急速充電器を用いた場合は30分で80%の充電が可能。ランニングコストはガソリンカーの1/4以下、ハイブリッドカーの半分以下を標榜。次はランドグライダーの出番でしょうか。