Mac OS X v10.6.3 アップデート 提供開始、バグ修正リリース

Ittousai
Ittousai , @Ittousai_ej
2010年03月30日, 午後 02:00 in apple
0シェア
FacebookTwitter

Mac OS X Snow Leopard に最新アップデート v10.6.3がリリースされています。今回は互換性・信頼性・安定性の向上や細かなバグ修正が主。変更点は:
  • QuickTime X の信頼性と互換性を向上
  • OpenGL ベースアプリケーションの互換性の問題を改善
  • Mail で背景メッセージカラーが正しく表示されない問題を改善
  • Rosetta アプリケーションで名前に # または & を含むファイルを開けない問題を解決
  • Windows ファイルサーバにファイルをコピーできない問題を解決
  • Logic Pro 9 および Main Stage 2 を 64 ビットモードで実行するときのパフォーマンスを向上
  • Bonjour ウェイクオンデマンドを使用するときのスリープ/スリープ解除の信頼性を向上
  • HD コンテンツのある iMovie でカラーの問題を改善
  • プリントの信頼性を向上
  • Exchange サーバに接続しているときに iCal でイベントが繰り返される問題を解決
  • 他社製 USB 入力デバイスの信頼性を向上
  • iMac(Late 2009)内蔵 iSight カメラからのビデオを表示するときにピクセルがぼかされたり、動かなくなったり、暗くなったりする現象を修正
ファイルサイズは720 ~ 780MBほど。アップデートはリンゴメニューまたはリンク先アップルサポートから。今のところ、アップデートしたら大変な目にあったという広範な報告はありません。

 

TechCrunch 注目記事新型コロナのソーシャルディスタンスを支援するビデオチャットアプリ8選

新型コロナウイルス 関連アップデート[TechCrunch]

 

関連キーワード: apple, os x, OsX, snow leopard, SnowLeopard, software
0シェア
FacebookTwitter

Sponsored Contents