シャープが次世代3D液晶を発表、ニンテンドー3DS用?

Haruka Ueda
Haruka Ueda
2010年04月2日, 午後 02:00 in nintendo
0シェア
FacebookTwitter


シャープが2D/3D表示切り替えの可能なタッチパネル液晶ディスプレイの開発を発表しました。左右の眼に届く光の視差を応用して立体表示させる「視差バリア方式」により、メガネ不要で立体視が可能です。画面サイズは3.4型、解像度は480x854、輝度は業界最高となる500cd/m2、コントラスト比は1000:1。ちなみに同社の従来品は2.4型、240x320解像度、輝度250cm/m2、コントラスト比100:1。大型化 & タッチパネル対応だけでなく、高解像度化・輝度の倍増により3D表示時の「表示品位を大幅に改善」したと謳っています。量産は本年度上期から、まずタッチパネル非搭載モデルより登場の予定です。

用途については、プレスリリースによれば「画面を縦にしても横にしても3D表示が可能で、スマートフォンなど高機能なモバイル機器にも最適です」。縦にも横にも、タッチパネル、メガネ不要の立体視......ここまで条件が揃えば頭に浮かぶのはただひとつ、ニンテンドー 3DS(仮)です。おまけにシャープの視差バリア式液晶を採用するというのは、朝日新聞が報じていたとおり。これまでDSシリーズは巨大化しても256x192解像度をかたくなに守り続けてきましたが、もしこのディスプレイを採用すれば一気に解像度アップとなります。また、アスペクト比が異なりますが、3.4型というサイズはDSi(3.25型)より大型。はたしてどんな筐体になるのか、妄想が楽しくなってきました。
 
 

TechCrunch 注目記事新型コロナのソーシャルディスタンスを支援するビデオチャットアプリ8選

新型コロナウイルス 関連アップデート[TechCrunch]
関連キーワード: nintendo, nintendo 3ds, Nintendo3ds, sharp
0シェア
FacebookTwitter