新発想バーチャル3Dヘルメット (重さ6kg)

Ittousai
Ittousai , @Ittousai_ej
2010年04月8日, 午前 06:18 in 3d monitor
0シェア
FacebookTwitter

「新作のVRヘルメットを着けて街を歩いてたら、三人以上のセクシーな美女に服もちぎられる勢いで迫られたよ!しかも同時に。」(作者) というツカミで紹介されているのは、一枚の液晶モニタを利用した手作りバーチャルリアリティー デバイス。デスクトップ向けの23型フルHDディスプレイを使っているため、バランス保持に後ろに伸びたウェイトやらヘルメットを含めて約 6kgほどの重量があります。作者 Gavan Woolery 氏によれば、開発の動機は冗談ではなく、新方式の3D VR / AR デバイスのプロトタイプとして実験に使うため。

固定スクリーンを使った一般的な視差式 3Dに対して、ユーザーの姿勢を反映し周辺視野も確保することでより自然な没入感を求める試みとのこと。写真では着用していませんが、本来はNVIDIA 3D VISIONのメガネと併用する仕組みです。意外にも 真面目な3D方式の検討や製作記はリンク先へ。ふたたび作者いわく、あくまで実験用に比較的安く簡単な設計にしただけで実用性を求めたわけではない、「本当にその気になれば自分でも作れるだろうけど、たぶん他のことに時間を使った方がいい。女の子と話す練習とか」。ヘッドトラッキングが機能している様子、FPSゲームを表示するデモ動画は続きをどうぞ。


 
 

TechCrunch 注目記事新型コロナのソーシャルディスタンスを支援するビデオチャットアプリ8選

新型コロナウイルス 関連アップデート[TechCrunch]
関連キーワード: 3d monitor, 3dMonitor, diy, Gavan Woolery, GavanWoolery, head tracking, head-tracking, HeadTracking, hmd, virtual reality, VirtualReality, vr
0シェア
FacebookTwitter