iPhone OS 4.0「100以上の新機能」のひとつは、Spotlight からウェブとWikipedia が探せるようになること。これで検索対象によってあらかじめアプリを考えたり、ローカルに見当たらなかったからホームに戻って別アプリを立ち上げる必要がなくなります。気の利いた新機能なのに発表のステージで特に触れなかったのは、Palm の webOS (最初から) や Android (昨年のDonut で実装) 、あるいはWindows Phone 7 (最初から) など、近代的なスマートフォンOSなら当然備えている機能にようやく追いついた点だからかもしれません。OS 3.0でSpotlightが導入されてから約1年。コピペに2年かかった iPhoneとしてはかなり迅速なほうではないでしょうか。標準機能の Spotlight だけでなく、Google アプリなどサードパーティーからもローカルを同等に探せるアプリが登場して競争になってほしい部分です。