動画:マイクロソフト Kin コマーシャル 2本 + 偽CM 1本

Ittousai
Ittousai , @Ittousai_ej
2010年04月14日, 午後 08:27 in kin one
0シェア

マイクロソフト KIN の公式プロモ動画 2本 +勝手に作ったニセCM 1本をお届けします。2月に発表されたばかりの Windows Phone 7 とはまた別の「若者向けソーシャル志向携帯」である Kin は最初から対象外の層を中心に「ガンダムが欲しかったのにぬいぐるみが来た」的なとまどいと混乱を招いていますが、米国では以前から若年層向け携帯として一定の人気を保っている SideKick の後継として、当否はともかく狙いは理解されているようです。

続きに掲載したのはKINの公式プロモ動画 2本。最初の「朝起きたら手に連絡先が書いてある、KIN Studio で昨夜のパーティーを振り返ってみよう」編、二番目の「男女3人グループで海辺までドライブしてキャッキャウフフ、思い出の写真を燃やしてしんみり」編、ともにマイクロソフトの想定する「アップロード世代」、いわゆる「リア充」な若者像が嫌というほどよく伝わります。三番目はEngadgetが勝手に制作したパロディ映像「KIN-less」, feat. Windows Mobile 6.5。主演は万能ハンズフリーヘッドセット Cell-Mate の試用動画でも華麗なステップを披露していた本家編集者 ポール (Paul Miller)。Senior Associate Editorの肩書きが示すようにベテランです。インターンが無理やりやらされているわけではありません。念のため。






 

広告掲載についてのお問い合わせはad-sales@oath.com までお知らせください。各種データなどはこちらのメディアガイドをあわせてご覧ください。

 

関連キーワード: kin one, kin two, kindle, KinOne, KinTwo, Microsoft, SideKick
0シェア

Sponsored Contents