ニコンのデジタル一眼機に間もなく一挙3モデルが加わるらしい、とNikon Rumorが伝えています。ただ思わず身を乗り出した方には申し訳ありませんが、ひとつめはエントリー機で、型番はたぶんD4000になるだろうという情報だけ。おまけに、ふたつめはまったく謎あつかいです。というわけでそれらしい仕様が聞こえてきているのは実質ひとつ。いわく、そのカメラは39点AF、1600万画素、ISO 6400からの2段増感、1080p・24fps動画対応を搭載するとのこと。現行機と比較すれば、DXフォーマットならD90より上でD300sと競合するあたり、FXフォーマットならD700の後継という感じです。たしかにD90とD700はどちらも二年前の製品だけに、そろそろ次モデルが出てもいいころ。夢が膨らむのは、どちらかというとD90をリッチに置き換える場合でしょうか。