ソフトバンクが小型基地局の無料提供を正式発表、5月10日から受付

Haruka Ueda
Haruka Ueda
2010年04月22日, 午後 04:30 in softbank
0シェア
FacebookTwitter

先日のソフトバンク OPEN DAY で公約として挙げられた、自宅用基地局、店舗・企業用基地局、店舗・企業用WiFiルータの無料提供について、申し込み方法が発表されました。今後一年での基地局倍増と併わせ、電波改善宣言の4施策として特設サイト(今年はやります!)も設けられています。

まずは基地局から。これはフェムトセルの小型基地局を既存のブロードバンドに接続することで、ソフトバンクの電波状況を改善するというもの。ブロードバンドに加入していない場合は、専用のADSLサービスも無料で提供されます。「専用」ですので、フェムトセル以外での接続は利用不可。条件として挙げられているのは、個人の場合は自宅のみ、一電話あたり一台、一家一台、店舗やオフィスの場合は「小規模なものであること」など。また専用ADSLサービスを受ける場合は指定の加入電話が必要。申し込みから利用できるまで、2か月ほどかかります。

一方のWiFiルータは、ブロードバンドと接続することでソフトバンクWi-Fiスポットとして利用できるというもの。こちらもブロードバンドに加入していない場合、専用ブロードバンドが無料提供されます。こちらは申し込みから利用可能になるまで2~3週間。ちなみにWiFiルータ単体はすでに無料配布中。繰り返しになりますが、店舗・企業用です。

基地局・WiFiルータの申し込みは5月10日から。ホームページか電話窓口での受付となりますが、自宅用基地局についてはソフトバンク携帯電話取り扱い店でも申し込めます。次期iPhoneには間に合うでしょうか。
 
新型コロナウイルス 関連アップデート[TechCrunch]

 

関連キーワード: softbank
0シェア
FacebookTwitter

Sponsored Contents