NTTドコモ、ルネサスエレクトロニクス、富士通、NEC、パナソニックモバイルコミュニケーションズ、シャープの6社が携帯電話向けアプリケーションプラットフォーム の共同開発に合意しました。キャリアのドコモ、チップメーカーのルネサスに、最新の冬・春モデルに参画した国内メーカー4社が寄り合ったかたち。見るからにPowerPointなイメージ図のとおり、アプリケーションLSIとOS・ミドルウェアを繋ぐドライバ部分を中心に共同開発を行うことで、開発期間とコストの削減を狙います。

現在のドコモ向け端末はNEC・パナソニック連合がLinux、富士通とシャープがSymbianをOSに採用していますので、今回のプラットフォームも両方のOSに対応します。ともすれば国内連合必死という構図に見られるかもしれませんが、プレスリリースの文言は「日本国内のみならず、全世界の携帯電話市場に提供を予定」といつも通りのドコモ節。さらに「AndroidなどのオープンOSへの対応も検討」するとのこと。具体的になにが良くなるのという点については、各社のノウハウを融合することで「アプリケーション処理能力の高速化による動画処理機能の向上や3Dグラフィック処理機能の拡充による更なるマルチメディア機能強化」を目指すとされています。

キャリア主導の共通プラットフォームというとKCP+の悲劇を思い返さずにはいられませんが、インタフェース以外ほぼ共通で逃げ場のなかったKCP+に比べると、こちらのプラットフォームはフレキシブルな開発が行えるはず。対応端末は2011年度後半の発売が目標ということですので、最近機種変更をしたドコモユーザーの方は、次に乗り換える機種あたりが搭載しているかもしれません。