ディスられたりもしたけれど、私はげんきです。というわけで、iPhone OS では百害あって未来がないレガシー呼ばわりされた Flash が Android端末で10.1 ベータのデモを公開しています。デバイスはGoogle の Nexus One 、OSは Flashを標準サポートする次期バージョン Android 2.2 "Froyo" 。内容はウェブサイトに埋め込まれたコンテキストのまま、連動コンテンツなどもみられる状態での動画再生、タッチ操作、ActionScript で書かれたFlashゲームと全画面化、よくあるサイトナビゲーション部品、ダイナミックコンテンツ (ニュースサイトの選挙特集ページにあるインタラクティブガイド)などなど。PCでFlashに遭遇する場面をほぼ網羅したものとなっています。

動画再生については Opera から「卵が焼ける」などと表現される Flashですが、10.1 の目玉のひとつはH.264動画のGPU支援再生。アップルのジョブズ CEOが「 iPhone に Flashがなくても困らない理由」の文脈で語ったところによれば、ウェブ上の動画のほとんどは H.264でも用意されていることになっているため、そうそう卵料理ばかり作らずに済みそうです。モバイル向けのFlash 10.1は6月にもリリースされる見込み。

[Thanks, Taylor]