Eye-Fi カードの新世代モデル Eye-Fi X2 シリーズが国内で発表されました。ラインナップはEye-Fi Connect X2 (4GB, 店頭予想 6980円), Eye-Fi Explore X2 (8GB, 店頭予想9980円), Eye-Fi Pro X2 (8GB, 15800円)の3モデル。発売日はいずれも5月20日。X2シリーズ共通の進化は無線が802.11nに対応、SDカードとしての転送速度がclass 6に高速化したこと。また転送が終了したファイルを古い順に削除して空き容量を確保するエンドレスメモリモードの追加や、AVCHDなど対応動画フォーマットも増えました。

各モデルごとの差は、基本モデルのConnect が PCへの転送とオンラインサービスへの自動アップロード。上位のExploreは加えて無線LAN APベースのジオタグ付加(GPSがなくてもどこで撮ったか写真に埋め込み)、公衆無線LAN APへの自動接続(ブラウザで認証が必要なネットワークでもあらかじめログイン情報を登録しておき接続)。最上位のProではさらにアドホック接続、RAW画像や .mpo形式動画の転送に対応します。わかりやすいチャートは続きを参照。またソフトウェア面では、ウェブベースだった管理ソフトEye-Fi Manager がデスクトップアプリ Eye-Fi Centerに統合され、アップロードや管理がやりやすくなりました。Eye-Fi Centerは旧モデルユーザーでも利用可能。X2シリーズはEye-Fi のAmazonストアで本日12日より予約受付中です。