「次世代 iPhone」、中身は iPadと同じA4プロセッサ

Ittousai
Ittousai , @Ittousai_ej
2010年05月13日, 午前 10:34 in a4
0シェア
FacebookTwitter

写真はなぜかベトナムで見つかった「新 iPhone」らしきなにかのメイン基板。一体どんな経路の流出なのかは分かりませんが、こちらもさっそく分解されています。アップルロゴがついたメインチップの刻印は"339S0084", "APL0398" 。iPadの発売直後にプロセッサの解析をおこなったChipworksによれば、この型番は iPad に採用されているのと同じA4プロセッサを指しているとのこと。チップメーカーを買収してまで開発したアップルの独自アプリケーションプロセッサとして、次世代あるいは次の次の iPhone にA4ファミリを採用するのはきわめて分かりやすい話です。ただしこの「新iPhone」も開発中のどの段階なのか(それをいうなら本物なのか) 確認できたわけではなく、iPadのA4とまったく同一なのか派生なのかetcも確定してはいません。
 
 

TechCrunch 注目記事新型コロナのソーシャルディスタンスを支援するビデオチャットアプリ8選

新型コロナウイルス 関連アップデート[TechCrunch]
関連キーワード: a4, apple, chipworks, iphone, iphone 4g, iphone hd, Iphone4g, IphoneHd
0シェア
FacebookTwitter