Xperiaが12万台を販売、歴代ドコモスマートフォンで最多

Haruka Ueda
Haruka Ueda
2010年05月14日, 午前 11:52 in docomo
0シェア
FacebookTwitter

Xperiaが日本での発売後20日間に12万台を売り上げたと、なぜか英国でスマートフォンを販売するSelectamobileが伝えています。根拠として示されているのはBarclaysのレポートで、初期出荷の10万台は発売10日で売り切れ、4月半ばに追加の5万台が出荷、さらに4月下旬にも3万台が出荷が見込まれているとのこと。Xperiaの貢献により、4月はケータイ全体での販売シェアでもドコモが首位となる見込みです。ちなみにドコモの公式発表は20日間で10万台

面白いのはドコモのこれまでのスマートフォンと比較し、ドコモスマートフォン史上最多の売り上げと主張する部分。以下の3機種が比較に挙げられています。
  • HTC Android(=HT-03A):10か月で8万台
  • BlackBerry Bold:14か月で6万台
  • 東芝Windows Mobile(=T-01A):10か月で6万台
「スマートフォンはまだ早い」という他社の言葉が思わず思い浮かぶ数字ですが、ドコモにしてみればこのような死屍累々 困難な状況を乗り越えての成功だけに、喜びも一層という感じでしょうか。もちろん本当に比較すべき相手はiPhone 3GSですが、4月の大半の時期で上回る売り上げを記録したというデータもあります。100万台を努力目標に掲げる(行くぜ!100万台)ドコモスマートフォンの次なる一手が来週明かされることを期待しつつ、釣った魚への餌も忘れぬようお願いしたいところです。
 
 

TechCrunch 注目記事新型コロナのソーシャルディスタンスを支援するビデオチャットアプリ8選

新型コロナウイルス 関連アップデート[TechCrunch]
関連キーワード: docomo, ntt docomo, NttDocomo, sony ericsson, SonyEricsson, xperia
0シェア
FacebookTwitter