長く険しい道程だったドコモスマートフォンのiモードメール対応が、ようやく具体的なかたちとなってきました。ドコモは9月を目処に「spモード」なるインターネット接続サービスを開始、その中で専用アプリを介してiモードメールが利用できる仕組みを提供すると発表しました。専用アプリは@docomo.ne.jpアドレスが利用できるだけでなく、絵文字やデコメールにも対応するとのこと。プッシュ配信への言及がないのは気がかりですが、さすがに定期巡回などではなく、ちゃんと対応するものと信じたいところです。

spモードではiモードメールアプリのほかにも、コンテンツ決済サービス(ドコモマーケットでの購入代金を携帯電話料金として請求)や有害サイトのフィルタリングサービスを提供予定。今後発売されるスマートフォンはspモードに対応していく見込みです。従来端末がどうなるのかは分かりませんが、Xperiaについてはiモードメール対応がすでに予告されていますので、順当に考えればspモード対応ということになるのかもしれません。ちなみにspはSmartPhoneの略。さて、月おいくらでしょうか。

Read - ITmedia
Read - ケータイWatch