動画:サムスン製Android端末 Galaxy S、ドコモから今秋登場

Haruka Ueda
Haruka Ueda
2010年05月19日, 午後 04:00 in android
0シェア
FacebookTwitter

盛り沢山だったNTTドコモの新機種発表会で、今秋さらにサムスン製のAndroid端末 Galaxy Sが発売されることが明らかにされました。Galaxy Sはキーボードレスタイプのスマートフォンで、4型・800x480解像度のスーパー有機ELを採用しているのが大きな特長です。プロセッサはSnapdragonではなく自社製・1GHz駆動。カメラは500万画素で、720p動画の撮影にも対応します。大きさは64.2x122.4x9.9mm、重さ118g。iPhone 3GSと比べると縦横が一回り大きいかわり、薄くて軽いつくりです。

OSについてはサムスンが3月に発表した時点ではAndroid 2.1を採用するということになっていましたが、発売までにはぜひ2.2への道筋は明らかにしてほしいところ。ソフトウェア面では独自UIのほか、ドコモキャピタルが出資する入力方式Swypeを搭載するのも面白い点です。続きにはマルチタッチ対応 & サクサク動作がよく分かる実機動画を掲載。スーパー有機ELの実力が伝わる、iPhoneとの比較シーンもあります。



 
 

TechCrunch 注目記事新型コロナのソーシャルディスタンスを支援するビデオチャットアプリ8選

新型コロナウイルス 関連アップデート[TechCrunch]
関連キーワード: android, docomo, galaxy s, GalaxyS, ntt docomo, NttDocomo, samsung
0シェア
FacebookTwitter

Sponsored Contents