Google がコラボサービス Google Wave を一般ユーザー向けに解放しました。ちょうど一年前のGoogle I/Oで発表された Wave は、Googleの形容では「パーソナルコミュニケーション&コラボレーションツール」。Googleのサーバに接続するグループチャットに、スレッド分岐や会話ログの Wiki的なグループ編集が加わったようなツールです。HTML5ベースのためモバイル端末のブラウザからも(いまのところテスト版ながら)アクセスでき、動画やGoogle地図などをインラインで扱えるのも利点。使い道はたとえばグループで互いに引用しつつメールのやりとりをしてまとめてゆくような作業など。昨年のプレビューからは招待制のベータが続いており、使用しようにも相手も参加できるか分からないという問題がありましたが、ようやくGoogleアカウントがあれば誰でも使えるようになります。試してみたいかたはリンク先へ。