HTC、今年の端末は「ほとんど」Android 2.2アップグレード対象

Ittousai
Ittousai , @Ittousai_ej
2010年05月22日, 午前 05:06 in android
0シェア

Google I/Oで正式発表された Android 2.2 "Froyo"へのアップグレードについて。Froyo はアプリが2~5倍高速化・Flash 10.1対応かつJSが2~3倍速い「モバイル最速ブラウザ」・テザリングやアプリのSD起動など、2.1から.1の増分とは思えない大幅な進歩がAndroidユーザーの期待と(適用できなかったらどうしよう)という不安を集めているのはご存じのとおり。この点について、Android端末の雄 HTCがリンク先 Pocket-lint の照会に答えたのは:「今年発売の端末は、大部分が2.2にアップグレードできます」。

安心すべきか2010年発売でも2.1までで終わる端末がある死刑宣告と捉えて不安になるべきか悩むコメントですが、現時点で完全なリストは出せないものの、HTC Desire や Droid Incredible を始めとする人気機種はアップグレード対象になるとのこと。また米国ではすでに販売中の WiMAX テザリング携帯 EVO 4Gなども含まれていると考えられます。アップグレードの提供時期は今年後半。HTCの自社ブランド端末は独自のSense UIを載せているため、同じHTC製でもGoogleのNexus Oneのほうが早くアップグレードできるかもしれません。なお、HeroやMagic (ドコモHT-03A)など2009年登場の端末については言及なし。


新型コロナウイルス 関連アップデート[TechCrunch]

TechCrunch Japanへの広告掲載についてのお問い合わせはad-sales@oath.com まで。媒体概要はメディアガイドをご覧ください。

 

関連キーワード: android, android 2.2, Android2.2, droid, froyo, google, htc, htc desire, htc evo 4g, HtcDesire, HtcEvo4g, nexus one, NexusOne
0シェア