キャリア Sprint の表現では「初の4G 携帯」こと HTC EVO 4G が米国で発売を迎えました。EVO 4G はCDMA / EV-DOに加え WiMAXネットワークにも対応し、標準でホットスポット化アプリを備えた Sprint の目玉スマートフォン。Android端末としても現時点でほぼ最高仕様となっており、4.3型 800 x 480 マルチタッチ 液晶ディスプレイ、CPUコア1GHzのSnapdragonプロセッサ、512MB RAM、1GB フラッシュメモリ、800万画素メインカメラに前面130万画素、GPSと電子コンパス、802.11b/g WiFi とBluetooth v2.1、microSDスロットさらにHDMI出力まで搭載します。ソフトウェアは Android 2.1+ HTC Desire などと同じSense UI。詳しくは Nexus OneDroid と比較した Android携帯 頂上対決チャートをどうぞ。続きは米国で放送中のEVO 4G 「技術進化のドミノ倒し」CMを掲載しています。