iPhone 4、「網膜の限界を超えた」Retina displayを採用

Haruka Ueda
Haruka Ueda
2010年06月8日, 午前 03:05 in apple
0シェア
FacebookTwitter

初代から大きな変化がなかった iPhone のディスプレイが大幅に刷新されます。iPhone 4に採用されるRetina displayは、ピクセル密度がこれまでの4倍。アップルいわく「人間の網膜が認識できる上限」という 300 ppiを超え、326ppiに達しています。ディスプレイサイズは3.5型のまま、解像度は4倍となって960x640に。 総画素数は iPad (10型1024 x 768)の78%。

液晶は広視野角・広色域のIPS液晶 (ジョブズいわく「有機ELよりずっといい」)。コントラスト比は800:1 (3GSの4倍)。

既存アプリはテキストやUI部品など OSが表示しているものについては自動で高精細に置き換わり、それ以外のリソースはスケーリングして表示されます。詳細はライブブログへ。










TechCrunch 注目記事新型コロナのソーシャルディスタンスを支援するビデオチャットアプリ8選

 

新型コロナウイルス 関連アップデート[TechCrunch]

 

関連キーワード: apple, iphone, iphone 4, Iphone4, retina display, RetinaDisplay, wwdc, wwdc 2010, Wwdc2010
0シェア
FacebookTwitter

Sponsored Contents