動画:Xbox 360ラジコン Creeper Bot、カメラ付き

Haruka Ueda
Haruka Ueda
2010年06月16日, 午後 02:30 in arduino
0シェア
FacebookTwitter

howery2さん製作のCreeper BotはXbox 360コントローラで操作できるラジコンカーです。左スティックでステアリング操作、右トリガー(RT)はアクセル、左トリガー(LT)がブレーキという馴染みある操作方法で車を操れます。コントローラはUSBでPCと接続されており、PCがラジコンへBluetoothで信号を送るという流れ。PC側はC++の自作プログラムで、ラジコン側はArduinoで制御されています。

面白いのは、ラジコンがカメラを搭載し、PCでリアルタイムに撮影映像を確認できるという点。おまけに右スティックでカメラを上下左右へ動かすこともできます。レースゲームのリアル化が著しい昨今ですが、Creeper Botはの操作映像を見ているとリアルのゲーム化という感じです。あとはボタンひとつで後方ビューに切り替えられれば完璧なのですが、残念ながらカメラは一台だけ。そのかわりと言ってはなんですが、Aボタンで音が鳴ります。動画は続きに掲載。リンク先には部品の解説、PC用ソースコード、初期バージョンの動画などがあります。

Geek.com


 

TechCrunch 注目記事新型コロナのソーシャルディスタンスを支援するビデオチャットアプリ8選

新型コロナウイルス 関連アップデート[TechCrunch]

 

関連キーワード: arduino, Creeper Bot, CreeperBot, howery2, rc car, RcCar, xbox 360, Xbox360
0シェア
FacebookTwitter