E3での公開を受けて、日本のマイクロソフト株式会社が 新 Xbox 360 や周辺機器の販売プランを発表しています。まず新 Xbox 360 こと「Xbox 360 250GB」は、既報のとおり6月24日発売・希望小売価格 2万9800円。同梱品は普及版エリートをほぼ引き継ぎ、ワイヤレスコントローラとヘッドセットは新Xbox 360の本体色とおなじ「リキッドブラック」モデルです。旧エリートについていた太いHDMIケーブルはやっぱり付属せず。

現行のXbox 360については、新型の発売日である24日をもってエリートが5000円安い2万4800円に、アーケードがオープン価格に改定されます。エリートのソフト2本つきバンドルであるバリューパックも2万4800円。また同日発売される新アクセサリはリキッドブラックのワイヤレスコントローラ + プレイ&チャージパック (6279円)、リキッドブラックのプレイ&チャージキット単体 (2100円)、リキッドブラックのチャットパッド キット (キーボードアタッチメントとヘッドセットのセット、3150円)、およびXbox 360 データ転送ケーブル (2100円)。データ転送ケーブルは旧Xbox 360のHDDどうしまたは旧型から新型へのデータ移行に使用します。新型から旧型への転送には非対応。

希望小売価格で 5000円の差が付いた新旧Xbox 360の違いは大きいところでは小型・軽量化と静音化、HDD容量が120GBから250GBに、有線LANのみから802.11b/g/n WiFi内蔵といった点。詳しくはXbox 360 S 対 Xbox 360 エリート詳細比較表をどうぞ。新型はXbox 360システムのUSBストレージ対応に伴い専用メモリユニットスロットを廃止しUSBポートを増設しているため、タグやセーブを専用メモリに入れていた場合はUSBメモリに移しておきましょう。