E3で多数の対応タイトルとともに華々しく披露されたものの価格は「未定」の Kinect for Xbox 360について。Kinect は E3発表前から150ドル近くになるのではないかとのうわさがあり、E3で11月4日の発売が正式発表されてからも、米国の大手小売 ウォルマートやGameStop の予約ページでは予価 $149.99と表示されていました。マイクロソフトはこうした小売店の価格についてあくまで店舗側の推測にすぎない、正式には決定も発表もしていないと繰り返してきましたが、今度はみずからの直営オンラインストアで同じ150ドルの価格付けが掲載されてしまったことになります。

リンク先Microsoft Storeの製品ページでは、" Delivery method: Pre-order ship it." なる微妙にあやしいステータスながらカートに入れることもでき、製品解説や同梱品リストまで体裁が揃っています。同梱品はセンサー本体、電源ケーブル、マニュアル、謎の「Wi-Fi extention cable」。( Kinect は多数のセンサーのほか電動式の首振り・トラッキング機構を備えているため、従来型 Xbox 360ではデータ用のUSB接続と別に電源供給が必要。新 Xbox 360の専用ポートでは、データも電力も一本で接続できる)。

マイクロソフトが Kinect や Xbox 360本体セットの価格を明かさなかったのは当然ながらライバルの出方や世間の反応を見るためですが、お披露目で口をつぐんでおいて直営店であっさり表示とは妙な話です。うわさされているように単体が150ドル・セットが本体+100ドル程度になるのか、あるいはせっかくの直営ストアを利用してさらに反応を計測したがっているのかもしれません。