米マイクロソフトが、Xbox 360のオンラインサービス Xbox LIVEの家族会員コース Gold Family Pack を発表しました。ゴールドファミリーパックは従来ひとり約50ドル / 年のゴールド会員権を家族4人までまとめて99ドル / 年で、アカウントの集中管理やペアレンタルコントロール機能つきで提供するもの。

人数分のコントローラを用意しなくてもみんなで遊べる!(そもそも手に持つコントローラがない) という Kinect の導入やESPNと提携したスポーツ番組コンテンツなどでさらにファミリー向けを訴求するなかで、パパやお兄ちゃん(だけ)がアカウントをもって別々に管理する不便をなんとかする狙いです。

具体的なパック内容は:
  • 最大4人までまとめて99ドル / 年のXbox LIVE ゴールド会員権
  • 家族分の設定やアカウントを集中管理する Family Center (本体のダッシュボードまたはウェブから)
  • プライマリ会員はそれ以外の家族会員にマイクロソフトポイントを購入・分配できる。
  • ペアレンタルコントロールの設定やアクティビティモニタで監視・管理。
  • プライマリ会員にまとめて課金。
など。なんらかの特殊な状況でひとり複数アカウントを運用している場合でもMSP分配やまとめて課金は便利なのではないかと想像しますが、そういう目的のサービスではありません。Xbox LIVE Gold Family Pack は米国で11月から提供開始予定。国内向け発表は今のところなし。