iPhone 4 の分解ライブ進行中、512MB RAMを確認

Ittousai
Ittousai , @Ittousai_ej
2010年06月23日, 午後 01:26 in apple
0シェア
FacebookTwitter

米国での iPhone 4 丸2日フライングを受けて、さっそく実機を入手した iFixit の連中がライブ分解リポートを載せています。正式な公開前に流出したり工場から分解写真が出回ったり、発表後にはアップルみずから新設計・新デザインをアピールするため中身を見せていた iPhone 4 ですが、アップルが語らない部分もあきらかにするサードパーティーの分解リポートはこれが初めて。リンク先では現在もリアルタイムでバラしが進行中です。

現在までに掲載された点はたとえば 512MB RAM、iPhone 3GSより駆動時間が伸びたバッテリーは1420mAh リチウムポリマー、iPad とおなじ アップル A4 プロセッサ (1GHz ARM Cortex-A8コア。おそらく実際にはOSでアンダークロック) など。512MB RAMの部分はまだ写真もなくチップそのものの解析が載ったわけではありませんが、開発者やどこからともなく聞こえてくる情報とも一致はしています。克明な分解写真やチップの刻印を読むと興奮するというかたはリンク先へどうぞ。

 

TechCrunch 注目記事新型コロナのソーシャルディスタンスを支援するビデオチャットアプリ8選

 

新型コロナウイルス 関連アップデート[TechCrunch]

 

関連キーワード: apple, ifixit, iphone 4, Iphone4
0シェア
FacebookTwitter