許可できることとできないことの境界を超えている」で公開不可となるiPhoneのApp Storeに比較すると、良くも悪くもフリーダムなAndroid マーケットですが、とはいえもちろん問題のあるアプリはマーケットから削除されますし、すでにインストールされた分についてはGoogleが皆さんのAndroid上から消去することもできます。これまではAndoridマーケットの規約から「どうもそういうことができるようだ」と言われるだけでしたが、このたびこのリモート消去機能が実際に実行されました。Google自身がAndroid開発者ブログで発表しています。

対象となったのは、セキュリティ研究者が研究目的で公開したというフリーのアプリ二種類。悪意のあるプログラムではなく、プライバシ情報にアクセスする権限も、ネット接続の権限もないものでしたが、アプリの謳う機能が実際とは異なり「ダウンロードを奨励する」おそれがあったため、今回の措置となりました。ちなみにマーケットからは開発者自身が事前に取り下げ済。リモート消去された場合は、Android端末へ通知が行われるとのことです。

Googleはこの機能を「オープンなAndroid環境においてユーザを守る、強力なセキュリティ強化策」の一環とアピールしており、おそらくそのとおりなのでしょうが、具体的にどのアプリのどういう点がダメだったのかがはっきりしないため、なんとなくモヤッとする話です。App Storeの閉鎖性に辟易した開発者がAndroidに身を寄せるということも起きていますので、こうした措置についてもオープンに説明して欲しいところ。ちなみにリモート消去機能はiPhoneにもあります。