7月後半以降」まで待てない!という白組各位の参考にはあまりならない、非純正パーツを使った iPhone 4 ブラック -> ホワイトモデル換装ギャラリーをお届けします。

用意したものは白のフロント&バックパネル、Retinaディスプレイユニット ( TaoBaoあたりで売ってます)。分解・組み込みは iFixit の発売前日バラしリポートを参考に。ただし、Engadget 編集部が うっかり 実際に試してみたギャラリーをご覧になれば伝わるとおり、保証うんぬん以前に作業がかなり大変です。本物との違いはスピーカーの網(グリル)がない、背面はレンズカバーとLEDライトのディフューザがないetc。また今回はホームボタンが手に入らなかったため、そこだけ黒いワンポイントになっています。待って手に入るホワイトはともかく、高度なカスタムiPhone 4を作る際の参考にはなるかもしれません。 もう少し詳しい苦労したポイントはリンク先本家記事へ。