Hibiki KonoくんはケンブリッジのKing's College Schoolに通う13歳。好きなマンガはスパイダーマン。ピーター・パーカーのように壁を登りたいという思いから、学校の技術の授業で壁登りマシンを作ってしまいました。材料は1400Wで15ポンド(約2000円)という日本ではお目にかかれないような掃除機ふたつ。制作に要した期間は五か月。壁に吸いついて登るというのはユニークなアイデアではないかもしれませんが、アイデアに留めずちゃんと形にしたのは素晴らしいことです。もちろん先生は「彼は自分で作りあげました。この年齢では驚くべきことです」と絶賛。ただ本人によれば「ママはすごいと思ってくれてるけど、天井を壊すかもしれないと心配して、家では使わせてくれないんだ」とのこと。まあこの調子でいけば、秘密組織が彼に接触する日もすぐでしょう。

Inhabitat