トイカメラの代表格であるHolgaのデジタルカメラ版、それがHolga.Dです。「いますぐ買う」リンクをお探しの方へ:申し訳ありませんが、本品はデザイナーSaikat Biswasさんによる勝手コンセプト。今のところは絵に描いた餅、市販の予定もありません。

そのうえで主な仕様というか妄想を記述すると、まずはデザイナーが「Holga.Dにおける最大の『機能』は機能がないこと!」と謳うとおり、ディスプレイなし、ファインダーなし設計であること。いちおうファインダー(ただのプラスチック)や、フラッシュを外付けできるアクセサリーポートはあります。そのほか、残り撮影可能枚数を示すディスプレイはE-Inkで、その周囲にはISOダイヤル。シャッターボタンの周囲にはシャッタースピードダイヤルというデザイン。この天板は取り外して左右を入れ替え、左利き仕様にすることもできます。

底面側にあるのはアスペクト比を3:2か1:1に切り替えるスイッチや、カラー・白黒の切り替えスイッチ。対応メディアはSDカード、単三電池駆動ということになっています。欲しい人には欲しい、いらない人にはいらないを極めた作りですが、高画質化も素人には分からぬところまで行き着き、そろそろ差別化要因がなくなってきたデジタルカメラ業界を今後導いて行くのは、案外こういう類の製品かもしれません。リンク先は妄想作品の見せ方としても秀逸です。

Monoscope, Switched