こちらは6日付けの日経一面から。NTTドコモの山田社長が同紙の取材に対して「2011年4月以降に出荷するすべての携帯端末について」SIMロックを解除できるようにすると明らかにしました。SIMフリー端末を販売するわけではなく「利用者の要望に応じて販売店の窓口で受け付ける方針」。手数料がかかるのか、SIMロック不可の期間があるのかなど、運用の詳細は不明。反対に、SIMフリー端末をドコモSIMで利用したときパケホーダイ上限が高まる現状が是正されるのかも気になります。ともあれ「キャリアと端末は不可分!」とかつて各キャリアがSIMロック解除に反対していたことを考えれば、時代の移り変わりを感じます。

もっとも先日お伝えしたように、「SIMロック解除に関するガイドライン」に寄せられたパブリックコメントを見れば、この変化は想定どおりでもあります。次世代通信規格 LTEが本格普及するまえにSIMロックのない市場環境を作っておきたい(ガラパゴス批判はもうこりごりな)総務省に対し、十分なシェアを確保しながら他社の「メーカーブランド端末」人気のせいで株主に批判を受けていたNTTドコモが、うまくSIMロック解除を武器にした格好です。

困ったのはソフトバンクです。iPadが日本のみSIMロックとなって一部から批判を集めたのは記憶に新しいところ。SIMロック解除に抵抗し続ければ批判は必至ですが、かといって頼みのiPhone / iPadを失ってはLTEどころではありません。打開策はあるでしょうか?