アップルのTime Capsuleに不具合、無償修理・交換を受付

Haruka Ueda
Haruka Ueda
2010年07月13日, 午後 03:20 in apple
0シェア
FacebookTwitter

アップルがバックアップストレージ Time Capsule の不具合を発表しました。現象は「2008 年 2 月 ~ 2008 年 6 月の間に販売された一部の Time Capsule の電源が入らなかったり、起動後に予期せずシャットダウンする場合があります」。発売は2008年2月なので、発売直後に買った敬虔な人達(の一部)が被害者ということになります。シリアル番号でいうとXX807XXXXXX ~ XX814XXXXXX。同社は無償での修理・交換を受付中。該当品をお持ちの方はピックアップ & デリバリー修理の依頼が可能ですが、修理サービスの常としてデータ損失の責任を負わないということですので、あらかじめバックアップをとることが推奨されています(電源が入れば)。すでに有償で修理・交換を行った方はアップルへ返金の問い合わせを。以前からApple Storeのレビュー欄には突然死の報告が続々と寄せられていましたが、該当の皆さまの手元にはまだちゃんとあるでしょうか。
 
 

TechCrunch 注目記事新型コロナのソーシャルディスタンスを支援するビデオチャットアプリ8選

新型コロナウイルス 関連アップデート[TechCrunch]
関連キーワード: apple, hdd, nas, time capsule, TimeCapsule
0シェア
FacebookTwitter

Sponsored Contents