動画:レンズ交換式ハンディカム NEX-VG10 実機プレビュー

Haruka Ueda
Haruka Ueda
2010年07月16日, 午後 01:15 in handycam
0シェア
FacebookTwitter

コンシューマー向けで世界初となるレンズ交換式HDビデオカメラ、ソニー NEX-VG10 の実機プレビューをお届けします。NEX-VG10はソニー版マイクロ一眼 NEX-5 / NEX-3 と同じEマウントレンズを利用して、1080・60i・24Mbpsビットレートの動画撮影を行えるというもの。ハンディカム25周年モデルという位置付けでもあります。1400万画素静止画撮影、3型TruBlackディスプレイ、デュアルアクセサリーシュー、クアッドカプセル空間アレイステレオマイクなど仕様面は発表記事へ。

さて、実機です。独特のフォルムだったこともあり、プレス写真では大きく見えたかもしれませんが、実機で見ると意外とコンパクトだったと気付いた方も多いはず。持って見てもなかなか軽量で、ストラップをつけてボディを把むもよし、マイクシャフトを握るもよしという構造になっています。操作はディスプレイ横のジョグダイヤルで行うかたち。ただコンシューマー向けを名乗るわりに、タッチスクリーンでないのは不思議な点です。また同梱のF3.5-6.3 18-200mmレンズはズームに多少時間がかかるものの、オートフォーカスに対応しているのでふつうのビデオカメラと変わらぬ感覚で操作できます。一部のマイクロ一眼機と異なり、レンズ動作音がまるで聞こえないのも優秀です。

そしてなにより重要な色・音に関しては続きに掲載したサンプル動画をどうぞ。ウェブ配信要に圧縮したものではありますが、画質のシャープさ、色の再現性、遠くまで広うマイク性能など、能力の片鱗は伝わるかと思います。手ぶれしているのは、短時間のテストだったので操作に慣れていないせい。さて、2000ドルの用意は整いそうでしょうか。国内ではまだ発表がありませんが、米国では9月発売予定です。




 
 

TechCrunch 注目記事新型コロナのソーシャルディスタンスを支援するビデオチャットアプリ8選

新型コロナウイルス 関連アップデート[TechCrunch]
関連キーワード: handycam, NEX-VG10, sony
0シェア
FacebookTwitter