Asus Eee Pad (小) 、Windowsを捨ててAndroidタブレットへ

Ittousai
Ittousai , @Ittousai_ej
2010年07月20日, 午後 10:14 in android
0シェア
FacebookTwitter

5月に発表された Asusのタブレット Eee Pad に久々の更新がありました。リンク先 Netbooknews が Eee Pad 開発チームから得た説明によると、Eee Pad のうち10インチの「小さいほう」こと EP101TC は発表当初の Windows Embedded Compact 7ではなく、Android タブレットとして出荷される計画になったとのこと。

おさらいすると、Computexにあわせて公開された Eee Pad は12インチのEP121 と 10インチのEP101TCの2機種。発表時点では、EP121 (大きいほう) はCULV Core 2 DuoプロセッサでフルWindows 7 Home Premium が動く、「薄型ノートからキーボード部を分離してタッチパネルにした」ような機種。実際にフルサイズのキーボードとバッテリーを搭載したドックアクセサリが用意され、合体すれば普通のノートになる構成です。

一方 10インチで小型のEP101TCは、知名度は高いものの実際の採用製品に恵まれない NVIDIA Tegra プロセッサ (新Tegra)と Windows Embedded Compact 7 (旧Windows CE) を組み合わせた、PCよりも iPadなどに近い位置づけの製品でした。今回 Android 採用の方針が語られたのはこちら。Android 3.0 " Gingerbread " まで待つのか2.2 " Froyo " で登場するのか etc はまだ不明確ながら、2011年1月のCESに出展ののちQ1に発売予定とされています。ほぼモックアップだった Windows Embedded Compact 7 ベースがどのような UI になる想定だったのかは逆に気になりますが、年末から来年そうそうにかけては大手からのAndroidタブレットが一挙に登場して大勢力になりそうです。

 

TechCrunch 注目記事新型コロナのソーシャルディスタンスを支援するビデオチャットアプリ8選

 

新型コロナウイルス 関連アップデート[TechCrunch]

 

関連キーワード: android, android 2.2, android 3.0, Android2.2, Android3.0, asus, eee pad, Eee Pad EP121, eee pad et101TC, EeePad, EeePadEp121, EeePadEt101tc, ep121, froyo, gingerbread, tablet, Tegra
0シェア
FacebookTwitter