起きあがりケータイ、ノキア Kinetic コンセプト

Haruka Ueda
Haruka Ueda
2010年07月20日, 午後 06:30 in Jeremy Innes-Hopkins
0シェア
FacebookTwitter

この不思議な形状の携帯電話は、デザイナー Jeremy Innes-Hopkinsさんが考案したコンセプト作品です。ノキアに提案されたもので、名前はKinetic(運動)。重心を自ら移動させることで、寝ている状態から起きあがる能力を備えています。つまりメールや電話の着信があったとき、音や振動、イルミネーションだけでなく、起きあがって主張してくれるというわけ。無視したければ、軽く倒してやると次のアラームまで起き上がりません。

Jeremyさんによれば、本体の厚さは8-18mm。膨らんだ重心部分は、背面にあるカメラを利用するときにグリップの役割も果たします。もちろんコンセプト作品なので製品化への道筋は見えていませんが、メールや着信の相手によって起き上がる速度を設定できたりするとなかなか面白そうです。

T3

【Engadget Live】iPhone 12発売日速攻レビュー

 

TechCrunch 注目記事新型コロナのソーシャルディスタンスを支援するビデオチャットアプリ8選

新型コロナウイルス 関連アップデート[TechCrunch]

 

関連キーワード: Jeremy Innes-Hopkins, JeremyInnes-hopkins, kinetic, nokia
0シェア
FacebookTwitter

Sponsored Contents